出会い系アブノーマル体験談

【山梨出会い系】2年ぶりに体験する女教師とのセックス!オナ禁指令で欲求不満暴発寸前

更新日:

今日も天気がいい!!
目が覚めてからLINEをチェックしてみると
昨晩、話していた女性から朝一でメッセージが入っていました。

結局、昨晩は2時までLINEで話していたから、睡眠時間5時間弱!!
しかし、夕方には初めて会う女性とのセックスが確定となるとテンションあがりますよね!!
なんか、メッセージでは朝から会議があるって書いてあったけどどんな仕事なんだろう??
ここからなら、東名で3時間も飛ばせば到着するんだろうけど、一度名古屋に戻らなければならないから、やはり5時間は見なければならない。23時くらいには家に戻らなければならないってことだから、早く到着して時間をつくらなければ・・
6時くらいには会いたいから、逆算すると
名古屋を13時には出発しなければならない。
ってことは、今日の仕事は午前中に片付けなければならん。
テンションあがった時の能力って凄いですよねー。
やっぱり、私にとっては性欲が一番の活動エネルギーになるんだなあって実感しました。
鬼神のような働きぶりで仕事終了
東名に乗って、一路甲斐路へ・・・・
生まれて初めての山梨だ
5時間も運転して会いに行くんだから
なんとか、このテンションを保たなければならない。
まず、一番の難題は
アリアさんの体型がポチャポチャだということ。
今までの経験でぽちゃ美人と出会ったことはあるけれども
確率的にはかなり低い!
そして、ここ数ヶ月ややぽちゃ以上の女性との経験がない。
なんとかぽちゃ女性ということでテンションをあげるために、ぽちゃ美人図鑑みたいなサイトの

こんなぽちゃ美人や

こんなぽちゃ美人の画像を見てテンションを上げていきました。
会うまでの5時間の運転は全然苦になりません。
しかし、帰りの5時間は地獄だろうなあって、フと頭をよぎりましたが
まあ、それはその時の話、今の目的は、まず会うことのみ!!!
甲府に着いたのは、予定より早く6時少し前!!
ちょうどICを降りたときに、アリアさんからメールあり。
「今、仕事終わりましたどこにいますか??」
全く場所がわからないので、大きなブックオフの前に移動してその場所を教えました。
「まだ、明るくて人に見られたら怖いので、もう少ししたら行きますね」
ちょうど、日没の時間くらいだから、分刻みであたりは薄暗くなってきます。
ブックオフの前で煙草を吸っていると、この人じゃないか?って思った女性がいたんですが、マスクをしているため顔はよくわからず、しかし、こっちを見ずにそのまま店内に入ってしまいました。
「んー、違うか」
今の女性だったら、結構、公務員!!って感じの女性で燃えそうだったんだけどなー
しかし、すぐにメールが
「ちょっとトイレに行ってからいきますねー」
お、ということは今の女性で間違いないか??再びテンションがあがり始めました。
やはり、さっきすれ違った女性が車の近くへ歩いてきて
「こんばんわ、遠いところお疲れ様です」
「あ、こんばんわー、はじめましてー」
決して派手じゃない真面目そうな服装。
スカートもシャツもムチムチで、なにかいやらしさを真面目な服装で無理に隠しているような感じ。
それは、昨日、あれだけLINEで話したからそう思っちゃうんでしょうけど。
そして足元はリクエスト通りの黒ストッキング。
命令どおりならば、かなり匂いが染み付いたストッキングに成長しているだろうなあ
車に乗せて、ホテルまで約10分。
プレイ内容は、日記&メールで教えてあるので、まるで台本どおりのプレイ開始。
ここまで手の内を知らせているから、楽は楽だけど、逆にあまりにも期待されていると、女性の方が拍子抜けなんてこともありうるから、少し緊張して変な感じでした。
昼過ぎから、勃起した状態のち○ぽを車内で握らせると
「あ、もうすごく堅くなってる」
触り方で、アリアさんがどれだけち○ぽが好きなのかわかります。
でも、あまり触らせすぎるのもダメなので、30秒くらい触らせてあとは我慢させます。
「あとで、たっぷり触らせてあげるよ」
ホテルに着いて、まずやることは
ソファに座らせてのストッキングの匂いチェック
気温が高かったので、爪先はしっとり状態。
おもむろに匂いを嗅ぎ始めると
「あ。。あ、あ」
匂いを嗅がれるだけで興奮しちゃうんですね。
少し身をよじりながら感じています。軽く足の指を甘噛みしてあげると、もう仰け反るほどの感じ方。
これは、かなり淫乱な女性だな
もう、この頃は
あそこはビショビショのはずだったんでしょうが、今回は焦らしプレイも入っているので
絶対に、アソコには触りません。
まずは、この女性に辱めを味わってもらうことが先。
足の匂いを堪能したあとは、蒸れている脇の下舐め。
かなりの巨乳だから、脇の部分の湿りも凄い、これを舐められるのは恥ずかしいでしょう。
唇を合わせると、当然のように
アリアさんの方から舌を絡めて来ます。絡めながら私の舌を吸い、さらに興奮度が高まっている様子。
立たせてから縛りを開始したんですが、今までぽちゃ女性を縛ったことがない為
私のロープでは、全身を縛るのには足りないことが発覚。
上半身重点に縛って、股間を通す、ハーフ縛りで対応することにしました。

ロープが足りないから、いつもよりキツイ縛りになり、股間の部分の食い込みも激しく
快感に耐えられないようで、膝をつきそうになったので、そのままベッドで四つんばいの体勢にさせ
後ろから、パンティごしにアナルとま○こを軽く口で愛撫。
あくまでも、吐息がかかるくらいの愛撫だけなのに
「あ、だめだめ~、でちゃう」

パンティ履いたまま、潮ふきー
もうパンティはお漏らし状態でビショビショ。
間髪入れず、今度は電マ。
電マでも出るわ出るわ、とにかく潮がとまらない。
まだ15分も経ってないのに、ベッドの上は乾いているところを探すのが大変なくらいの大洪水状態。
奉仕好きなので、全身奉仕を命令すると
本当に全身を舐めまわしてくれました。当然、足の指先もアナルも、嬉しそうに舐めています。
もっと、長めに陵辱してあげる予定だったのですが、入れて欲しがるのと
帰りの体力温存を考えて、挿入。
挿入してピストンしてる時にも、潮の噴射。
この経験は初めてでしたー
もう、私の下半身もビショビショになる変態セックス!!!
ここまで、変態的で濃厚なセックスをしたのは久し振りかなあ。
ここで、アリアさんに職業を聞くのを忘れてたことに気付き
「ところで、仕事って?」
「今は、中学の先生をやってます」
「おおお!教科は?」
「数学」
あ、プレイ前に聞いていれば、もっと興奮することができたかもしれない!もったいない!!
今度は、数学の教師っぽくタイトなスカート&白衣&眼鏡で来てもらって、教室で犯しているような感じで立ちバックなんていうのもいいかなあ。
そんなことを思いながら、深夜名古屋に向かいましたが、帰りの5時間は予想通り地獄でした!!

アブノーマルな出会いを望むなら

サイトに登録する、30代以上の女性って
かなりの確率でアブノーマルな願望を持つ女性が多いですよね。
ただ、今まで経験したことのない世界なので
なかなか、一歩踏み出すことができない女性が多いです。
そんな女性を禁断の道へ引きずりこむなら
今スグの書き込みよりも
ワクワクのアブノーマル掲示板への書き込みか
PCMAXの裏プロフィール検索が有効です。
いかに、警戒心を無くすことができるか
それが勝負の分かれ目となりますよ!!

-出会い系アブノーマル体験談

Copyright© 出会い系体験談HotLINE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.