出会い系攻略

出会い系サイトはオワコンなのか?もはや出会いはLINEの時代?

更新日:

出会い系サイトが登場したのが2002年。
今年で14年目となります。
出会い系サイトが登場する前にも男女が知り合うコミュニティーツールは様々なものがありました。
古くは、明星・平凡などの芸能雑誌の文通コーナー
昭和30年~50年くらいの長い間。
文通という、会ったことのない異性とのコミュニケーションに心を揺らし
夢を抱いていた時期もありましたね
しかし、文通というコミュニティツールは、実際に会うまで到達することは稀であり。
文通のために文通するといったものでしかありませんでした。
時代が流れ、新しいメディアが登場すると
男女のコミュニティツールも飛躍的に躍進するようになります。

80年代のテレクラブーム

文通とは違い、出会いに確実性、即効性を持たせたのが
テレクラです。そうテレホンクラブですね。
歌舞伎町のリンリンハウス
40代以上の人はこの時代を経験していると思いますが
今の出会いとは全く違うタイプの出会いでした。
男女とも、出会いの目的というのは、デート、食事そしてセックス。
sexに対しての女性の感覚というのが、現代の女性とは違っていましたね。
sexを対価にお金を受け取ることは、ウリ、売春と呼ばれ
ヤンキー少女でも、売春はしないというプライドがあった時代です。
当然、テレクラで知り合った男女は、金銭の授受などがほとんどなく
快楽目的で出会い、一時の熱い時間を共有していました。
当時の歌舞伎町なんか、本当にテレクラだらけで
リンリンハウスを筆頭に、ウィズや、成田アキラプロデュースのテレクラもありましたね。
80年代~90年代は、テレクラでの5000円とホテル代の5000円。
sexするのに10000円あればよかった・・・・
それが変わってくるのが90年代半ばからの援助交際の時代に突入してからですね

ダイヤルQ2で援助交際が蔓延

テレクラの難点は、いちいち店舗まで出かけなければならないこと。
店舗も繁華街にしかないので、新宿や渋谷、そして池袋まで出向かないと遊ぶことができない
せっかく、テレクラに行ったのに、結局女の子とのアポがとれないこともある
なんてところでした。
それをカバーしたのが、新しいコミュニティーツールのダイヤルQ2ですねー
最初はパーティーチャンネルのように、何人かで一つの回線を共有するチャットのようなものでしたが
それが、ツーショットに変わっていくには、そう時間は必要ありませんでした。
しかし、この時代からテレクラでの出会いとの変化が・・・・
それが援助交際ですね。
今でも、悪い言葉の代表だと思っています。
売春という名前を続行すればよかったのに
何故か、イメージ戦略でマスコミが売春を援助交際なんていうライトな言葉に変えてしまい。
行為自体もライトなイメージができてしまいました。
この頃のJKのイメージはまさに、ルーズソックス、コギャル、そして援交です。
ダイヤルQ2は料金が非常に高く、NTTが料金回収を代行するというシステムを放棄してから
すぐに下火になってしまいましたねー
そして登場したのが出会い系サイトでした。

出会い系サイトの登場

2002年のワールドカップの年
PCMAX・ハッピーメール・ワクワクメールといった
現日本の三大出会い系と呼ばれる3つのサイトが登場しています。
携帯の普及の勢いに乗り、登録者も年数十万人と伸ばし、一気にコミュニティーツールの主役の座を奪い取りました。
テレクラよりも、気軽に。
ダイヤルQ2よりも破格の安さで、異性と知り合えるのだから当然の結果といえるでしょうね。
2002年に3大サイトが登場してからは、星の数ほどの出会い系サイトが続きましたが
いまだに、3大サイトを超えるサイトは登場していません。
つまり2002年から出会い系サイトの構図は何ら変化がないということです。

出会い系サイトはオワコンではなく成熟したコミュニティーツール

運営開始からすでに15年。
今までのコミュニティーツールの賞味期限が3年~5年くらいだったことと比較すると
出会い系サイトの運営の長さは異常とも思えます。
10年以上前ならば、出会い系サイトという言葉の響きにも新鮮さがありましたが
今では、とくに目新しさも感じることはできません。
それでは、出会い系サイトはオワコンなのか??
目新しさがない=オワコンと考えればそうでしょうね。
しかし、毎月、毎日新しい会員が出会い系サイトに登録しているという事実があるという以上。
一概にオワコンとは呼ぶことはできないでしょう。
出会い系サイトが終わるときは、出会い系サイトのユーザーが
他のコミュニティーツールへ移行した時です。
少し前はLINEがあるから、出会い系は終わりなんていうように語る人もいましたが
LINEは知らない異性を引き合わせるツールではありません。
そしてフェイスブックからの出会いなどのマッチングサイトも出てきましたが、それもフェイスブックという
媒体が少し斬新さを感じるだけであって、全く出会い系のシステムと変わりませんからね。
15年の運営実績
これはオワコンというよりも
信頼ができる成熟した、コミュニティーツールとなってきてるのではないか??
今後出会い系サイトがどのような形に進化していくのかわかりませんが
まだまだ、新しい出会いを見つける方法として、出会い系サイト以上のものがないというのが事実です。
確実に女の子と知り合いたいなら、運営実績、ユーザー数共にしっかりしたサイトじゃなきゃダメ!!
2017年度確実に出会えるサイトランキング


実際のところ、この記事を書いて数年経った現在でも状況はあまり変わっていません。ただSNSの隆盛は栄枯盛衰ぶりがすごかったですね。一時期完全な出会いのコミュニケーションツールとなっていたMIXIなんて一部上場までいきましたが、そのあとはさっぱり。
今ミクシィなんてやってる人こそオワコンって感じですよね。ツイッターも一時期に比べたら、かなりログイン人数もツイート数も激減しています。好調なのはlineくらいじゃないでしょうか。その中でオワコンとか悪口言われながらも、会員数を着実に伸ばしてる大手出会い系サイトはやはりすごいなって思ってしまいます。

-出会い系攻略

Copyright© 出会い系体験談HotLINE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.