出会い系攻略

【テレH】ハッピートークはテレHよりもアポ取りに有効でした

更新日:

声の力は絶大?アポがとりやすい電話でのアプローチ

最近、ハッピーメールのサイトを見ると
かなりハッピートークに力を入れているのがわかります。
ハッピートークとは、ハピメが運営しているツーショットダイヤルです。
最近の出会いのスタイルは
出会い系サイトでのメールや掲示板からのアポ取りが主流になっていますが
昔は、声でのやり取りでアポを取っていたんですよねー
テレクラ、伝言ダイヤル、ダイヤルQ2と・・・・

何故、それが声でのコミュニケーションから
メール・掲示板へ変わってきたのか??
それは、声でのコミュニケーションは
料金が高い!
これにつきます。
テレクラの時代なら
60分3000円とかで、手頃な価格でアポ取りにチャレンジすることができましたが
ダイヤルQ2が台頭してからは
料金は1分間300円っていうのが主流になりました。
これは、高い!
私もQ2にはまっている時期は、月の電話代金が10万円近くになってしまったこともありました。
そんなにお金がかかっても
さらにダイヤルQ2に電話をしてしまったのは
やはり、アポの獲得率の高さがあったからです。
今、出会い系サイトでメールでのアポ取りをしていますが
やはり、声でのやり取りの時代の頃の方がアポはよく取れました。
出入り自由なテレクラに行って
歌舞伎町でアポとって、待ち合わせ場所に行って
女性が来なかったり、行ってみたもののあまり好みじゃない女の子だった場合は
また、テレクラへ戻ってアポ取りを繰り返す。
こんな感じで、3時間もテレクラにいれば
5件くらいはアポが取れていました。
まあ、時代の違いってこともあるでしょう。
当時は、コギャル全盛時代
ルーズソックスのJK達が簡単に援助交際を行っていました
そして、援助交際に対する
警察の追及もそんなに厳しくなかった時代です。
なんか懐かしいなあって思いながら
ハピメのハッピートークの説明を見ていました。

現在のツーショットの料金は12秒で3ポイント(30円)
ってことは1分間で150円
昔の半額になっているんですねー
その説明の中で、一番気になったのは
地域別のフリートークが可能になりました!

これです

実際、自分の家の近くから電話をしている女の子と会うのは
メールよりも電話の方が確率が高いのはわかっています。

しかし、どれだけの女性がこのシステムを利用しているのか??
昨日の夜、ハッピートークを使用してみました。
ハニーラインなどのツーショット専用ダイヤルと同様、待ち時間はお金はかかりません。
連休前だったということもあって
待ち時間は約20~30秒程
最初の女性に繋がりました。
なんかテレクラ時代を思い出します。
「こんばんわー」
「こんばんわー」
「どこからですか?こっちは荻窪です!」
ガチャ
切られました
なんか、これもテレクラ時代を思い出して懐かしい
なんで切られたのか?
私の声が好みじゃなかったのか?
荻窪から遠い東東京の地区の女性なのか?
自分の住んでいるところを言いたくないのか?

理由はわかりませんが
一つだけわかったことがあります。
この電話にはサクラじゃない女の子が存在するってことです!
サクラはガチャ切りは絶対しませんからね。
それがわかったので、次の女性にチャレンジ
次の女性は30代後半のテレホンセックス希望の女性でした。

テレホンセックスになると
10分~15分くらいの時間がかかるので料金も1500円くらいいくなあって思い。
今回の目標はテレHじゃなく、アポ取りなので
チェンジ!
夜の24時くらいだと
待ち時間がほとんど無く次の女性に繋がります。
結局4人の女性と話し
5人目の女性
「こんばんわー」
「こんばんわ」
「始めまして、こっちは荻窪ですがどこら辺の人ですか?」
「国分寺です」
「あ、近いですねー中央線繋がりで」
「そーですね。よく電話するんですか?」
「サイトはよく利用するけど、電話は初めてなんですよ。そちらは?」
「あ、私も一緒です。電話はこれが初めて。なんか緊張しますねー」
「そーですね。ちょっと不思議な感じです。」
それから、しばらくトークをして
「どんな感じの人なのかなあ、ちょっと気になります」
「じゃあ、サイトのメールで写メ送りますよ」
「え、本当ですか」
写メ送信
「届きました?普通のおっさんでしょ?」
「あはは、本当に普通ですねー。でも変な人じゃなくてよかったー」
「こっちも変な人って思われなくてよかったです」
「私は、写メ送れなくてすいません」
「え?いいですよ。声の感じで大体どんな人かイメージできるし」
「どんな感じだと思います?」
「そーだなあ、声の感じからだと真木よう子みたいな感じですかね?」
「ええええ、そんなに綺麗な女じゃないですよ」
「なんか、クールな感じが真木よう子っぽいって思ったんですけどねー」
「でも、冷たそうて、よく言われるんです」
「実際は、そうじゃないんでしょ?」
「はい、実際は、すごく怖がりで弱いんですけど、そういうとこ見られるの嫌なんです」
「そういうのって結構疲れません?」
「疲れますね」
「もっと普通にしてていいって思いますよ。こんな出会い系で知り合った男から言われるのもアレだと
思うけど」

「いえ、いえ、結構ためになります」
「そういや、少し気になっていたんだけど、今って外?」
「はい、わかります?」
「うん、車の音とか結構してるから」
「今日、会社の飲みがあって2次会まで行ったんですけど、すごくつまらなくて抜け出して来たんです」

「そーなんだ。まだ飲み足りない?」
「もう少し飲みたかったけど」
「じゃあ、これから飲もうか?」
「えー、今新宿ですよ」
「じゃ、終電ないじゃん?新宿に泊まり?」
「明日休みだから、ネットカフェでも行こうかなって・・・」
「じゃあ、車で行くから、よかったら飲もうよ」
「えー、どうしようかなあ」
当然、車で新宿まで向かいました
西口のモザイクの入り口で待ち合わせ
モザイク通りに着いて15分
「あ、これはバックれかな?」って思ってたらメールあり
(今、着きました)
現われたのは、真木よう子ではありませんでしたが
少し疲れた感じのメークの薄い椎名林檎みたいな感じの女性

まあ、歌舞伎町が似合うタイプですねー
もう1時近くになってたので
とりあえずボックスで飲もうってことにして
カラオケボックスへ
どこも混んでたけど、なんとかボックスに入れました。
ボックスで飲んで、3時
「これからどうします?ネットカフェ行こうか?」
「そーですね。始発まで結構あるから」
ネットカフェのカップルルームに入室!
ここでHはできないけれども
ネットカフェの密室って、かなり密着感があって
H直前まで持っていくのはすごく自然にできるんですよね
当然、密室でキス
向こうも、待ってたんでしょうね。
女性の方から舌が入ってきました。
あまり、音を立てると隣にバレルので
ユックリキスしながら、胸を揉みます
服の下から手をいれて乳首を触ると、もう固くなっていて
「あ、、」って小さい声を出すのが可愛い
手を私の股間に持ってこさせると
自然にモノを握ってズボンの上からピストンしてくれます。
こっちも激しいキスしながら
スカートの中へ手を
パンティは、かなり濡れています。
脇から指をいれるとすんなり入りました
シャワー浴びてないから
指を動かすと、密室が女のいやらしいにおいに溢れてきます
うわーすげーやらしー女
最後まではできないから
指で、あそことアナルを思い切り弄りまくって
逝かせてあげました。
フェラしてもらって出そうかな?とも思ったけど
さすがに夜中の4時過ぎ
疲れてしまったので
「今日は、出さなくていいかな」って思い
私は不発
始発の時間まで
密室でキスを何度もしながら過ごしました。

今日できなくても、間違いなく次はセックスできますからね
さすがに、ここまで上手くいくのは
あまりないかもしれないけれども
確かに、メールでのやり取りよりも、即アポはとりやすいみたいです。
一回だけじゃ判断できないので
これからは、たまにハッピートークも利用して、レポート書こうと思います。
ちなみに、ハッピートークは1分150円ですが
ハピメの通話アプリから、トークを申し込むと
料金は1分100円になります!!
それもアプリだから電話代はかかりません!
ただ、アプリからハピメに登録すると
無料ポイントの500円+年齢確認後の500円 合計1000円分のポイントがもらえないので
WEBサイトのハピメから登録して
無料ポイントをもらってから、アプリをDLしてハッピートークにしなければ勿体無いです!!
1000円分の無料ポイントなら
アプリで10分の会話が可能
なので
お試しにはもってこいだと思いますよ
テレHの場合は、無料ポイントの時間だけじゃ時間が足りないので
ハッピートークで話しながらLINEのID交換して
LINEの無料通話でテレH再開するのが鉄則ですね!!

ハッピーメールバナー

-出会い系攻略

Copyright© 出会い系体験談HotLINE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.