出会い系アブノーマル体験談

【名古屋出会い系】急遽、メル友と会えることに!LINEのID聞けなくてもチャンスは巡ってくるんです

更新日:

連休が終わって初日。
いやあ、いつもの10倍仕事がダルかった・・・・
特に午前中は
もう、眠いし・・・
連休中に溜まった顧客からのクレーム処理はあるしで最悪。
とにかく早く帰りたいーっておもいながら
黙々と仕事をこなしていました。
しかし、午後からは
そんなダルい気持ちが一変。
昨日の記事でも書いたのですが
今回の連休でゲットしたメル友の数が20人、そしてLINEのIDを聞けたのが7人。
この7人とどうやって会っていくか??って考えていたんだけど
昼休みにPCMAXにログインして、いつもの日課の掲示板書き込みしようと思ったら
メールBOXに1通のメールあり。
名前を見るとゴールデンウィーク中にゲットしたメル友の1人。
LINEのIDを聞けてないOLさんでした。
26歳でスレンダー系のOL
是非、会ってみたいけど・・・LINEのID聞けてないしなあ
まあ、しばらくメール交換して会う気配がなさそうなら、切るしかないかな
そんな風に思ってた女の子です。

こんにちわー!今日から会社で超ダルいです。
キサラギさんのプロフィール見ましたよ♪

プロフィールっていうのは、PCMAXの裏プロフィールのことです。
連休中だから、今までの裏プロフを見直して、もっと詳細に書き直したんですよ。

そーなんだあ、どうだった?プロフ

私の知らない世界のことがいろいろ書いてあって、興味あるなー
いろいろ話を聞きたいなーって思って

それなら、いつでもいいよー。今日も早く帰れそう出しさ

私、平日休みで明日休みなんですよー、今日かあ、なんかドキドキしますねー。知らない人と会うのって

今までの経験上、この女の子が業者じゃなければ、確実に今日会って、即Hってパターンですよねー。
しかし、今スグ会いたい掲示板で、スグにあうってことは何度もあったけど、いきなりメールで夕方から会う約束するのは、今まであまりなかったかなあ。
かなこちゃんとの約束のおかげで、午前中とは全く違うモチベーションで仕事をこなすことができましたー
ただ、LINEのIDも携帯番号も知らないから、待ち合わせはちょっと不安。
たぶん、業者ではないと思うし。まあ、完全にイタズラ目的でアポとってドタキャンするネカマって可能性はゼロではないけど、それはもう仕方ないっすね。
約束の待ち合わせ時間は7時。
居酒屋の近くのコンビニで待ち合わせ。
車の近くで煙草を吸っていると、隣に白い軽自動車がとまりました。
中の女性の姿はあまりよく見えないけれど、すぐ降りてきてかなこさんとわかりました。
やっぱり、田舎っていうか、郊外はいいですよねー
今回の出会いは、名古屋市ではなく、近郊の市。
名古屋なら、電車で会社に通うOLさんが多いから、ロッカールームで服を着替えるんだけど
地方だと、車通勤だから
制服のまま出勤するOLさんが多いんです。
降りてきた、かなこさんもOLの制服&黒ストッキング
もう、私にとっては最高のコスチュームです。
すぐに、パンプスを履いた黒ストッキングの足先に目がいってしまい。
1日中履いた黒スト、どんだけ酸っぱい香りなんだろー??
ようやく、顔を見ると、ちょっと幸薄そうな感じのスレンダー系OLさん。
まあ、当りですねー
「こんにちはー、あ、こんばんわですね」
「こんばんわー。初めまして!」
「いやー、綺麗な人で驚きました」
「あはは、そういうのいいですから・・」
とりあえず、居酒屋へ入って
ビールからスタート。
かなこさんは、一応彼氏がいるようなんですが
付き合ってる期間が、もう5年以上。
セックスもマンネリ気味のようです。
「ネットで壇みつの映画を見て、なんか、ちょっとだけそういう世界に興味が出て」
「あー、どっちの奴?」
「私が見たのは、縛られてお尻真っ赤になるまで叩かれる映画でした」
「甘い鞭だねー。あれは、結構激しいよね。壇みつはがんばるわ」
「ですよねー。あんなに綺麗なのに」
「まあ、綺麗とかって関係ないけどねー。逆に綺麗な人の方が陵辱願望が強かったりするし」
「そーなんですか?」
「うん、あまり俺も理解できないんだけど、モデルみたいな美人が鼻フックされるだけで感じたりとかって聞くよね」
「鼻フック??」
「うん、鼻をひっぱって、豚鼻にするやつ」
「えー、それで感じるんですか?」
「美しくてチヤホヤされてるから、そういった願望も生まれんのかねー?」
居酒屋へ入って1時間、話をしてるものの
掘りコタツの中のストッキング脚の動きが気になって気になって
かなこちゃんとセックスしたい!!っていう気持ちよりも、ストッキングの匂いを嗅ぎたい!!っていう思いが脳内を支配しちゃってました。
「かなこさんは、そういう感じの願望ってちょっとあるん?」
「あるか、ないかって聞かれたらあると思います」
「じゃあ、そんなに強い願望じゃないんだねー」
「うーん、興味よりも恥ずかしいって気持ちの方が先に立っちゃって」
「裸になるのが??」
「そうですね」
「じゃあ、服の上から縛ってみればいいよ」
「服の上からですか??」
【名古屋出会い系】OLの制服の上からの縛り、初めて味わう電マは、晩生のOLに失禁級の快感を与えるに続く!

-出会い系アブノーマル体験談

Copyright© 出会い系体験談HotLINE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.