出会い系攻略

ワクワクメールの”わりきり”項目廃止で損する人たち

更新日:

6月に入って最初の週にワクワクのTOPページで
興味あることの項目廃止のお知らせが告知されましたねー
出会い系サイトの割り切り禁止おしらせ
ワクワクメールの興味あることの項目はメル友、飲み友達といったピュア系の項目から、大人の交際、SMパートナーといったアダルト系の項目まで24項目。その中で今回廃止となるのが”割り切り”の項目ですね。
読んで字の如く、割り切りが目的で出会い系サイトに登録した女性が選択する項目です。
この流れは当然、昨年末のハピメ騒動からつながっている流れなので、今後ワクワクメールだけでなくPCMAXやハピメなども
割り切りという項目や言葉に対して厳しくなってくると思います。
しかし、当然といえば当然のこと。
逆に何故?いままで割り切りなんていう言葉を全面に押し出して大丈夫だったのか不思議なとこです。
ワクワクメールが割り切り項目を廃止した理由は
未成年者の割り切り、つまり未成年の売春などがサイト内で行われてしまう可能性、リスクを極力抑えるといった目的があります。
実際、成人した男女がどんな関係になろうが自己責任。
問題は、未成年がサイトに紛れ込んで売春の募集を行ったり、業者がサイト内の掲示板を利用して
管理売春を行うこと、これが出会い系サイトにとっては一番痛いし怖いんですね。
ハピメが昨年の冬に摘発されたのも18歳未満の女性が掲示板を使って売春目的の書き込みをしていたのを
放置していたため、売春幇助なんていうあまり聞いたことない疑いで検挙されちゃいましたから。
大人の交際の範疇のカテゴリーであるはずの、割り切りなんていう行為が、別個で項目設定されていたら
当然、売春幇助なんていうことでいつ追及されてもおかしくないです。
興味あることの項目から”割り切り”が消えたところで、今後も割り切りという行為はなくなることはないでしょう。
しかし、後々掲示板でも割り切りという言葉の使用禁止や売春を匂わせる言葉の使用禁止となっていくでしょうね。
そんな状況になって、一番損をするのは誰か???
まあ、割り切りで生計を立てている女性もそうですが
一番、動きにくくなるのは援デリ、闇でりの業者ですね。
大っぴらにそういう言葉をつかえなくなると、一本釣りができなくなって
交渉の成立までに時間がかかってしまうからです。
たとえ、割り切り目的でサイトに登録したとしても
一般ユーザーにとっての状況はそんなに変化することはないでしょう。
逆に業者が根絶されて、割り切りだけが目的のセミプロが淘汰された時に
ようやく出会い系サイトの新しい展開が待っていると思います。
それは、ピュアなメル友探しの場ということだけではなく
sexに関しても、純粋にセフレを探す、ヒミツを守れるSMパートナーを探すといった場所としてです。
確かに割り切りっていうのは、デリヘル並みに速攻Hができるってことで手軽ではありますが
絶対に、メールでくどいた女性とのHに敵うことはありません。
サイトで割り切りしか経験したことのない人は、割り切り以外で会うことができる??なんて疑問を持つかもしれませんが
実際、プロフィール検索を見ると、割り切り希望の女の子なんて総登録者の20%もいないという事実を考えた方がいいと思います。
まあ、2割でも相当多いですけどねww
日本最大級の出会い系サイトワクワクメールを推す7つの理由の記事を読む

-出会い系攻略
-

Copyright© 出会い系体験談HotLINE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.