出会い系体験談HotLINE

出会い系サイトで知り合った女の子との体験談と攻略

未分類

仙台のセフレと4年ぶりの再会!ようやくスランプを脱出することができそうです

更新日:

「生きてるかぁ?」

そんなメールがワクワクのサイトメールで届いたのが
8月の頭くらいでした。仕事の繫忙期が終わりそうだったけど
ものすごく暑い日が続いて体力もほぼなくなってた状態。

家にかえってきてワクワクにログインすると
こんなメール

生きてるかあっていったい誰だよ??

私はエリアを新宿にしてるけど
女の子は渋谷になっています。

まあ、東京のエリアなんて全く関係ないですけどね~
23区の場合は・・・・

でも、東の方の足立とか江戸川とか西の方の八王子とか日野とかに
設定してれば、それは結構本当の会えるエリア設定にしてるかもしれません。

ただ、新宿とか渋谷、千代田とか港区に設定してるのは結構テキトーです。

サイトネームも「ミナ」
全くわからん。わからんので自分のブログでミナっていう人はいませんでした。

誰なんだろう?

そう思って、サイトメールを返信。

「今晩わ~ミナさん?初めましてですよね??」

ものの1分ほどでメールの返信があり

「なわけないじゃん!久しぶりー」

うわ、誰だっけマジわからん・・・・

「あ、すいません。どこで会いましたっけ?」

「うわ。忘れるほど会ってるの~変態オヤジ」

またオヤジって言われとる・・・・

池袋であった黒ギャルってミナだっけ?

考えても全くわからないし、これ以上聞くと多分相手は嫌な気分になるだろうから
ちょっと思い出さなきゃと思って、とりあえず風呂へ

風呂で無い知恵を振り絞って考えても全く思い浮かびません。

悪戯にしてもなあ

あの熱帯夜の中
20分くらい風呂に入っていたのでもうのぼせる寸前。
倒れる前に水分補給しながらチラッとメールを見ると
またメールが来ている

「あ、ごめん。名前変えたんだったわ。chikaでーす」

あーそうだったのかあ。名前変えてたらわかるわけないし
chikaちゃんは仙台にいたときに何回も遊んでくれた女の子だから
東京のミナなんて名前でメールが来てもわかるわけありません。

すごく相性がよくて、仙台にいるときの間
1年ちょっとは一緒に遊ぶことが多かったんですが
名古屋への出張が決まって泣く泣くバイバイ

LINEのアドレスは知っていたのですが
前にも記事にしたけど、iphoneに機種変更したときに
前のでーた引き継ぐの忘れてしまって、それで連絡も取れなくなっていたんでした。

「chikaちゃん東京に来てたんだw」

「東京行くかもって言ってたじゃん。全く連絡もないし」

「ごめーん。LINEのデータ吹っ飛んで連絡できなくなってた」

「マジで?あほやw」

「LINEでこっちから連絡しようにも退出しましたになってるしさ」

「だよね~。じゃあブログからメールくれればよかったのに」

「ブログ?まだ続けてんの。あの変態ブログw」

「変態ブログではないっしょ。アダルトだけど」

「変態だよ~。パンストとかSMとかじゃんw」

「あ~そうだね、変態だわ」

3年ぶりにメールで話した彼女は前と変わらずメールでは凄く明るかったんです。

「今年さあ、仙台に帰ることにしたんだよね」

「そうかあ。どうだった東京」

「まあ、楽しかった。でも仕事もないしさ」

「今、何の仕事してんの?」

「ガールズバー」

「ほう、儲かる?」

「お金はそこそこだけど神経使うから嫌」

仙台にいるときはアパレルでバイトしていた女の子で
長身スレンダーで顔もかなりの美形だったからガールズバーでも
人気があるでしょうね

「明日とかって暇?」

「明日って金曜だっけ?夜なら空いてるけど」

「私もバイトだから終わったらなんかおごって~」

「あ~いいよ。何時にバイト終わんの?」

「0時」

「遅い!まあ、いいけど0時なら泊まりになるよ~」

「いいよ~久しぶりだからねえ」

泊まり=セックス確定だから
いつもなら嬉しいんですが、この頃ってあまり出会い系でも
女性と会う気持ちがなくて、セックスなんてできるのかなあって感じ。

マジで絶不調だったので
久しぶりに会えるのはいいけど
セックスはしなくてもいいかなあなんて思ってました。

そして次の日
0時に仕事が終わるらしいから
0時30分に新宿駅の南口で待ち合わせ。

金曜日の夜だから結構人いますね~
夏休み真只中だったから夜遅くても若い子は

この中で見つけることできるんだろうか?

ちょっと不安でしたが、しばらく待ってると

「久しぶり~」

目の前に登場したchikaちゃんはあの頃よりも
やはり大人になっていました。

たしか仙台にいた頃は19歳だったから
今は23くらい?

「chikaちゃん久しぶり~23になったんだっけ?」

「よく覚えてるね~。キサラギさんと会った頃ってまだ10代だったもんね」

「そうそう、まだ子供だったね~」

「よく子供とHできたね~おっさん」

おっさん・・・・・・・

そういえば、仙台の時もchikaちゃんはおっさんって呼んでたような・・

もう0時すぎなので空いてる居酒屋へ飛び込んで3年ぶり?4年ぶりの乾杯。

4年間いろんなことがあったようで、もうchikaちゃんの話が止まりません。

「そんでキサラギさんの方はどうなの?」

「どうって?」

「近況にきまってんじゃん」

「あまり変わらないかな。バツイチになったくらい」

「すげーかわってんじゃんw」

「あーついに別れたかあ。遠距離で頑張ってたのにね~単身赴任」

「まあ、しょうがないっしょ」

「それよりさ」

「それより?」

「最近ショックなことがあって」

「何~何~」

「おじさんって呼ばれるようになった・・」

「wwwww」

「まだ40代だよ」

「40代っておじさんじゃんw」

「そうかなあ」

「それに私が仙台に会ってた時からキサラギさんはおじさんだよw」

「うわ、そうなの?」

「だからおっさんって呼んでた」

「そうだよね」

「別におじさんのままだから仙台の時と全く変わってないよ。仙台の時は気づいてなかっただけで、急におじさんになったわけじゃないよw」

「うーん」

なんか不思議な気持ちでしたが、少し何か吹っ切れたようなそんな気がしました。

お泊りなのでそのままホテルへ

chikaちゃんとは4年ぶりのセックス。
昨日の夜はどんなHしてたっけ?って考えてたけど
不思議なことに、キスしたらすべての記憶がよみがえってくるんですね~

どこが感じるのかどんなHが好きなのか

これが人間の動物的本能なのでしょうか?

「キサラギさん、やっぱ大きいね~。なんかあの頃より大きいかもw」

「そんなわけないっしょ」

っといいながらも、最近半立ちくらいで終わることが多かった
ち〇ぽがビンビンになってることに気づきました。

まあ、相変わらず一晩一回以上はセックスはできないのですが
それでも、1年ぶりくらいに充実したというか、本来の自分の姿をセックスで出すことが
出来たと思います。

そして、この久しぶりの出会いがあって
やっと今まで落ち込んでた自信が取り戻せたようなそんな気がします。

まだまだ遊び足りないし

最近は熟女系が多かったけど
おっさんでも10代の女の子をHでヒーヒー言わせることができるんだってことを
私と同世代の40代、50代の方々にもお伝えできるようがんばります~

chikaちゃんと出会えたのは4年前のワクワクメールでした

あの頃はPCMAXじゃなくてワクワクがこのサイトのメインでしたね~4年前の仙台の記事にも登場してると思います~

-未分類
-

Copyright© 出会い系体験談HotLINE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.